産後の骨盤矯正は必要か?

「産後は骨盤矯正はやった方が良いのですか?」こう聞かれた事がたびたびあります。

近年、産後の骨盤矯正というのが広く浸透してるように感じます。

ただ、あくまでも私の考えですが「産後骨盤矯正」必ずしもやらなくても良いのではないかという方もいらっしゃいます。

 特に女性はホルモンによって体調や気分などが大きく左右されると考えられます。

妊娠後期は出産の準備に向け、「リラキシン」というホルモンが多く分泌されると言われています。

この「リラキシン」の主な役割は、骨盤近くの関節や靭帯を緩め、骨盤底部の拡張を助け赤ちゃんが産道を通りやすくするという様な重要な役割を果たします。

 もちろん出産後は、リラキシンの分泌は収まり、骨盤周辺の関節や靭帯も元の強固なものとなり安定していきます。

 ただし、人によっては産後に腰痛や恥骨、股関節痛、尿漏れ等のツラさに悩まされる方もいらっしゃいます。

出産時に受けたダメージが、無事出産を終え痛みや不調として現れます。

この様な痛みには個人差があるようで、それほど不調を感じない方もいます。

妊娠前となんら変わりがないという方にとってみれば骨盤矯正はやらないとダメ??と考えるのが自然です。

 私は、特にやる必要はないと思っています。

痛みや辛さを訴える方以外に、妊娠前のズボンが入らなくなったという方が多くいらっしゃいます。

ご本人からすると、産後骨盤が開いたのが原因でズボンが入らなくなったと考えます。

 本当に骨盤の開きが原因なのでしょうか?

妊娠すると身体は胎児を守ろうとします。

摂取した食べ物を蓄え、自然と体重、体脂肪も増えてきます。

自宅にいる事も増え仕事をしていた頃に比べると活動代謝も減ってきます。

産後も赤ちゃんの分の体重は減るかもしれませんが、脂肪は付いたままです。

 熊谷整体charaku(チャラク)では、骨盤矯正に加え、栄養を摂りながら脂肪を落とし体重、体脂肪を少しづつ戻していく事も重要と考え、サポートをさせて頂いています。

骨盤矯正だけでは戻らないお尻の大きさや、ぽっこりお腹。

骨格と食事を見直し、理想とする体型を手に入れてキレイなママを目指しませんか?

 熊谷整体charaku(チャラク)ホームページ:https://charaku.net/

 

Follow me!