姿勢を良くするには、まず自分の姿勢を知る事から!

 「私、猫背なんです。」「巻き肩なんです。」とおっしゃて来られる方が多くいらっしゃいます。

本当にそうでしょうか?

確かに、日常生活ではパソコン・スマホ・料理・育児・運転・ゲーム・読書ほぼ手を前に出し、前かがみになった状態。

そして、首を前に突き出すか、下を向いてるか。

長時間この姿勢が続けば、自然と首も肩も腰の筋肉も硬直し血行も悪くなりコリかたまります。

 私が専用の姿勢測定器で過去調べた結果を見ると、125人中・103人が不良姿勢という集計結果でした。

立ち姿勢で最も多いのは【反り腰】が55人・次に多いのは21人で【猫背】さらに15人が【反り腰+猫背】という結果なのですが、皆さんに注目して頂きたいのは、最も多いとされた【反り腰】。

上記のイラストの姿勢ですが、代表的な反り腰の姿勢。

実際には腰だけの問題ではありません。

足から歪みが始まり、膝や股関節に波及し、骨盤が前に傾き・腰が反る・背中が丸まり・顔が前に出ているのがわかると思います。

足は、偏平足、外反母趾

膝は、変形性膝関節症・O脚

腰は、すべり症・椎間板ヘルニア

頭の位置が前に来る事で頭の荷重が加わり、肩や首、背中もコリかたまります。

もちろんスタイル的にもお腹が出て、キレイな姿勢とは言えません。

これは一つの例ですが

足のバランスの崩れ一つが、これだけの全身のゆがみと、痛みの原因となる可能性があります。

実際の写真(上)3月に撮影した写真。上記のイラストに近い写真です。

お腹が前に突き出し、上半身は後ろに反り返り顔が前に出ている様な姿勢。

(下)の写真は6月のものです。手の位置も体の横に来ています。

腰に巻いたバンドの傾斜も緩やかになっているのがわかると思います。

腰の反り方にも違いが出ていると思います。

冒頭でもお伝えした通り、このような姿勢が最も多い結果なんです。

確かに上の3月の写真も背中が丸まり、顔が前に来ていて猫背にも見えますが、原因はそこだけではありません。

体全体を診ていきましょう。

あなたの猫背・巻き肩はどこが原因でしょうか??

                         熊谷整体charaku(チャラク)  

 

 

Follow me!