プチ断食をダイエットで取入れる!?

 ファスティングやプチ断食など短期間食を断つダイエット法。

【言われている効果】

・胃腸等の内臓を休ませ、弱った部分の修正および再生

・血液中の悪玉コレステロールの低下

・腸の蠕動運動を促し、体内にたまった老廃物の排出をサポートし便秘解消につながる

・腸内環境が改善され免疫力UP・ストレス解消・美肌・安眠

【注意点】

・健康な状態で行う

※疲労・不眠・ストレス・生理中・妊娠中・血圧・低血糖・めまい・ふらつき・通院中などの方は行わない。

・断食中に不調や異常を感じたらすぐにやめる

・断食中は水分をまめに補給

・断食中は体を冷やさない

・半日ほどのプチ断食から始めてみる

【プチ断食例】

1.時間指定を決めて食べる

  断食はハードルが高い、プチ断食前にちょっと試してみようという方に。

夜6時までにその日の食事を済ませる

人間に備わった、脂肪合成や血糖値を上げる遺伝子の関係で、最も脂肪に変えてしまうと言われている時間帯が(夜10時~2時)までの4時間と言われています。

と、いう事は夜10時までに消化吸収が終わっていれば、食べた物を脂肪に変えられてしまうのを抑制出来るという考えです。

夜6時以降は、水や無糖の炭酸水などを飲み空腹を紛らわす。

但し、夜6時前だからと過食になってしまうのはNGです。

2.半日だけプチ断食

 朝・昼の日中は水やグリーンスムージー・野菜、果物から作ったドリンク(にんじんリンゴジュースなど)味噌汁具なし

夕食は玄米がゆ・梅干し・味噌汁(豆腐・わかめ・大根など)

※ゆっくり、しっかり噛んで食べる。

前日も食べ過ぎず腹八分目を心掛ける。

プチ断食翌日も3食食べてOKですが、食べ過ぎ注意!軽く慎重に高糖質、高カロリーのものは控える。

 

上記は参考例になります。

但し、良いからといって沢山飲みすぎてしまうと、糖質量過多になってしまいます。

これらに、レモンを加えて飲みやく、ビタミンC補給も行うという方法もあるようです。

※作り置きせず、作ったらすぐに飲む。

ミキサーを使用した作り方ですが、石原式というジューサーを使った作り方などもあります。

注)水分はこまめにしっかりとる。

プチ断食中はお茶やコーヒーなどのカフェインはOK・NGと意見は分かれます。

中には、ショウガ紅茶に適量のハチミツを入れて飲み、低血糖予防と代謝を高め、脂肪燃焼・老廃物排泄などの効果を促す為に良いと言われている物もあります。

また、低血糖症状(めまい・ふらつき・頭痛・だるさ)が出たときなど、ハチミツ入りしょうが紅茶を飲んだり黒アメをなめる

まずは、休日に一度試しに行い、体調を見ながら月に2回やってみる。

例(金曜:準備期 土曜:プチ断食 日曜:回復期)

慣れてきて体調に問題がなければ、一日断食を行ってみるなど、順を追って試してみて下さい。

その他色々なファスティング方法はあるようですが、どの方法も全ての方に思うような効果が出るとは限りません。

通院やお薬を飲んでいる方などは担当医師と相談し、体調をみながらおこなうようにして下さい。

                     骨盤・姿勢・O脚・ダイエットなど熊谷整体charaku(チャラク)

Follow me!