姿勢矯正に対する考え方

骨格矯正と聞くと、骨の位置を操作し矯正するという認識の方が多いのではないでしょうか?
ボキボキッと矯正部分に圧を掛け骨を正しい位置に戻したそんなイメージですよね?

そもそも、なぜ骨格バランスが崩れてしまったのか?

変形した骨、生まれながらの先天性の骨を手技で治そうとするのは不可能でしょう。

 では、整体などでの矯正とはいったい何なの?
「第二の骨格」とも言われる、筋膜。
この筋膜は、全身の筋肉だけではなく、骨や臓器までも包む膜です。
皆さんも聞き慣れた言葉である、コラーゲンやヒアルロン酸などで作られています。
この筋膜がよじれたり、くっついたりしてしまうと、筋膜の上に存在する皮膚や筋膜の下の筋肉の動きも悪くなり、良い姿勢や日常動作にも影響してきます。

 骨格の安定とバランスを維持するには、この「筋膜」の伸縮性や動きがしっかり出来ているかに掛かってきます。
そう考えると、身体の皮膚の下に存在する「筋膜」へのアプローチに強い圧による施術は必要ないと考えます。
寝られる程、ソフトな施術で矯正効果も出す。
これが、当院の考え方と施術方法です。
下記写真【左】ビフォー 【右】アフター

姿勢矯正は熊谷整体charaku

Follow me!