MENU

美脚をつくる為の考え方は?

たまたま、目にしたネットニュースで美脚大賞の受賞者という記事を見かけました。

山本美月さんの受賞シーンの写真ですが、まさにゆがみの無いキレイな脚ですよね。

脚のゆがみを見る時には山本美月さんの写真の様にかかと、つま先をそろえて正面から見ていきます。

(ヒールを履いていますが実際には靴は脱いだ状態です。)

まず、膝と膝がしっかりくっ付いていますよね。

更に、膝の向きも正面を向き、膝から下の隙間も狭くしっかり締まっています

意外と下記のように膝の向きが内側に向いてしまっている方が多いんですよ。

細くキレイな脚になりたい!こんなあこがれを持つ方は多いのではないでしょうか?

今回のテーマは、「美脚づくり」について今までの経験を元にお伝えさせて頂きたいと思います。

山本美月さんはモデルだからキレイなのは当たり前だと思いますよね。

プロの方ですから、相当の努力とメンテナンスは欠かさないでしょう。

下記は以前当院にこられた、当時20代前半のモデルさんの写真です。

来て頂いた当初は左のような状態のO脚でしたが、やはりキレイになりたいという意識も高く、こちらの指導内容を欠かさず努力されていました。

元々の骨格や骨の太さは変える事は出来ません。

但し、今の脚の太さや形は何が原因でしょうか?

気になる方を体組成計(体重の他、体脂肪、筋肉率などが測定される)に乗って頂くと、大多数の方が脂肪が多く、筋肉が少ないという結果になります。

脂肪1kgと筋肉1kgでは、体積(大きさ)が異なり脂肪の方が軽いですが大きく肥大化されます。

これらの内容詳しくは以前書きました、こちらのブログをご確認下さい。

筋肉と脂肪の重さ ダイエットと見た目の関係

脂肪を減らすには食事を変えていく事が9割とも言われています。

筋肉を増やす事が脚を太くしてしまうのではないかと心配される方がいらっしゃいますが、短距離選手のようなアスリートレベルの運動や、脂肪も筋肉も少なすぎる方が筋トレを行えば太くなるかもしれませんが、ほとんどの方がこれらには該当しません。

 良く昔部活などで、みっちり運動していた方が筋肉で太くなってしまったとおっしゃいます。

運動をやめて何年経っていますか?

現在の部分別測定結果を見ると、脂肪量が平均より多く、逆に筋肉は平均より少なくなっていました。

 あなたの今の状態はどのような形でどのような脂肪・筋肉バランスですか?

まずは、今を分析する所から始めませんか?

毎日、毎日細くキレイな脚にしたいと、マッサージして結果は出ていますか?

一日のむくみ、疲労をマッサージで流す事も重要ですが、細くゆがみのない脚をつくるには先に書かせて頂いた内容を見直す事から始める事が大切です。

熊谷の整体charaku(チャラク)で、是非一緒に考えて結果を出していきましょう!

熊谷整体charaku(チャラク)ホームページ:https://charaku.net/

 

Follow me!

PAGE TOP